前へ
次へ

洗顔はできるだけ優しく洗うよう心がける

洗顔をする機会として夜お風呂に入るとき、朝起きた時、その他必要に応じてになるかも知れません。
化粧をしているときに化粧落としとして夜にはしっかり洗顔をする人もいるでしょう。
朝も夏などには石鹸を手に取ってごしごし洗うときもあります。
ごしごし洗った方がさっぱり感もあります。
顔の汚れを落とそうとするとき、あまりごしごしは良くありません。
化粧を落とすにしてもできるだけ優しくなでるように洗うのがコツです。
クレンジング剤などを使うときは指になじませて指の感覚を感じないぐらい優しく顔に含ませていきます。
冬は熱めのお湯を使う人もいますが、人肌ぐらいの方がいいでしょう。
石鹸を使う洗顔にしてもできるだけ優しくします。
力を入れれば入れるほど顔の肌の表面を削ってしまい、肌のバリアを失いやすくなります。
朝に洗顔をするときには水やお湯だけでもいいでしょうがその時も刺激が少なくなるよう心がけて洗顔すると肌を良い状態に保つことができます。

Page Top